加増みつ子

市長接待疑惑の解明を求める市民集会パート2開かれる

投稿日:

 平成28年6月2日、市長と市職員が京都祇園で、市からの補助金交付団体から接待を受けたのではないかとの問題が昨年の12月議会で浮上し、超党派議員(共産党含め)で接待疑惑解明を求め地方自治法に基づく「100条調査委員会」設置を提案しました。しかし10対12で否決されてしまい「このまま終わらすことはできない」と、超党派議員は今年1月26日に「市長接待疑惑の解明を求める市民集会を開催。この中で市民も声をあげようと「市長接待疑惑を解明する百条委員会設置に関する請願」を3月議会に向け市民からの呼びかけでスタートさせること。また接待疑惑を解明させるために“政治倫理審査会”に調査請求を行うこと等を決定しました。本日の市民集会でその結果報告と問題点や会場からの質問など活発な意見が出されました。その中で①二元代表制の議会の中で、チェック機能を果たすべき②議会ももっと調査すべき③このまま闇に頬務ることはできない④何が起きているか市民に知らせる必要がある⑤政治倫理審査会の調査結果は納得できない等活発な意見が出され、今後の活動として審査会に対して再調査を求める必要があると提案されました。市長選挙を目前にした集会でしたが、市長の責任や議会の役割など問われた集会だったと受け止めました。これからも市民と超党派議員の市長接待疑惑解明への共同は続きます。



-加増みつ子

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大内久美子選挙区候補市内6カ所で、街頭から訴え。行く先々で 大きな拍手が…

昨日7月18日、雨が上がった午後、大内久美子候補は取手で最後の訴えを行いました。障がいをもった我が子を育てながら議員活動40年。だからこそ「いたみ」や「悲しみ」そして「喜び」を受け止められ、やさしさと …

下高井天神谷津埋め立てが住民合意もなく始まる

加増充子です。下高井天神谷津の埋め立てが住民合意もない中、鉄板が敷かれ、重機が入って始まりました。地域のみなさんは、11月10日の説明会が納得できず、安全対策の徹底等再度説明会を求めています。取手市に …

暖かな陽ざしの中、加増充子事務所開きが開かれ、参加されたみなさんから元気をいただきました。

加増充子です。今日は陽ざしも暖かく事務所開き日和でした。それぞれの地域から参加され、励ましの言葉や取手市政に対する要望など寄せられ、元気の出る事務所開きとなりました。ハーモニカ、ギターの演奏や紙芝居も …

救援・復旧にあなたの力を…救援募金を取手駅西口で

台風19号の甚大な被害が広範囲に及ぶ中、日本共産党は全国で救援募金活動を行っています。今日は、日本共産党取手市委員会・市議団で、取手駅西口で救援募金のご協力を!と訴えを。道行く人や高校生が募金箱へ協力 …

日本共産党は提案します 「減らない年金」西口駅頭で法定ビラ配布を…

参院選も2日目。今日は後援会のみなさんと西口駅頭で法定ビラを配布しました。一面に『減らない年金』とあり、通勤者のみなさんは手に取って「お疲れさん!消費税も年金もひど過ぎるがんばって!」と声かけて駅へ。 …