小池えつ子

~緊急の議会運営委員会~

投稿日:

小池悦子です。

27(金)夕刻に茨城県知事から緊急メッセージが発信されました。

・感染拡大市町村への不要不急の外出自粛(11/28~12/13)

感染拡大市町村(取手市・土浦市・つくば市・つくばみらい市・牛久市・境町・阿見町・かすみがうら市)

・午後10時~午前5時の営業自粛(11/30~12/13) 協力金1店舗28万円予定(1日2万円)

○県民への感染症対策の徹底が呼びかけられました。

それを受け同日18時から、取手市議会感染症対策会議が開催され、翌日28(土)11時から緊急の議会運営委員会が開催されました。

30(月)から開会予定の①12月議会の会期日程、②新型コロナウイルス感染市議の氏名公表について協議を行いました。

会期日程については、11/30~12/10予定で、本会議は通常運営、常任委員会はオンライン運営での対応を図る方向で確認されました。日本共産党では、市議や庁舎での感染者が発生していない状況下では、通常の議会運営を最大限に行う必要を求めましたが、賛同を得られませんでした。

感染市議の氏名公表については、8/11の議会運営委員会で「取手市議会としては氏名公表をする」と一度は決定していましたが、11/26の議会運営委員会で改めて無所属議員から「氏名公表を任意にしてほしい」との申し出、提案があり、再度検討事項の持ち帰りになった経緯があります。

任意を求める提案の願意は、家族への影響やコロナ差別を危惧する内容でした。日本共産党市議団では、近隣自治体の状況や県議への確認をし、共産党議員としては、議員・公人として行動に責任が伴う立場であり、陽性が確認されたら自ら公表し、感染拡大防止に最大限の協力をすることが責務との見解・立場でまとまりました。

しかし、共産党市議団としての覚悟、決意を取手市議会に強制することは出来ませんし、することでないと考えます。議員にもそれぞれに事情があることは認め、一律に公表でなく、個人の判断を尊重することから、取手市議会としての公表は任意を表明しました。(取手市議団は公表します)

私は改めて、差別をなくすこと、人権を守ることの、議員としての責務を重く受け止めています。

私たち日本共産党は、差別のない社会、一人ひとりの人権を守る社会を、みんなで築いていくために奮闘する立場です。

病気になりたくてなる人はいません。そしてコロナは悪ではありません。医療機関をはじめ、救急隊の方々などたくさんの人が様々な社会活動の第一線で、感染と向き合ってがんばっています。

自己責任の押し付けでなく、みんなで支え合う社会・連帯を大切にする社会をつくっていきましょう(^_^)/

-小池えつ子

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

~コミュニティバス運行の再編取り組みを進める龍ヶ崎市に聞き取り調査へ~

小池悦子です。 今日は加増議員と地域の方、私の4人で龍ヶ崎市交通防犯課へ「コミュニティバス(コミバス)」の聞き取り調査に伺いました。 昨日の茨城新聞に「龍ヶ崎市のコミバスが9月から再編される」という記 …

~取手市議会議員選挙スタート!~

小池悦子です。 ついに本日から取手市議会議員選挙がスタート!1日目が終えました✨ 20時まで各地から立候補のご挨拶にまわらせていただきました。 みなさんのあたたかいご声援がとても励みにな …

~12月議会閉会~

小池悦子です。 昨日10日、無事に12月議会が閉会しました。 新型コロナウイルス感染拡大の状況下、感染対策を図りながら、市民の声が反映される議会運営に全力で取り組みました。 2(水)通常60分が、感染 …

~いきいき茨城ゆめ国体2019~

小池悦子です。 今日の午後は、取手競輪場で開催中の、自転車競技を見てきました~😊 急傾斜のトラックをすごいスピードで走る姿に、見いってしまいました~👀

~全世代型社会保障とは?~

小池悦子です。 今日は午後から、取手地域社会保障推進協議会の第6回総会が行われ、その後[「全世代型社会保障」とは~2020以降の社会保障改悪]と題して、中央社会保障推進協議会の山口事務局長から講演があ …