せきど勇

憲法9条が生きる百里初午祭

投稿日:

関戸勇です。自衛隊百里基地の真ん中にある平和公園で第67回百里初午祭が開かれました。憲法を守れ、戦争する国にするな、コロナに留意しつつ2百人を超える参加となりました。37年前、初めて参加し、戦闘基地の補助滑走路が平和公園にぶつかり、くの字にまがっていることに驚きました。憲法9条の意味がここに来るとよくわかります。核兵器禁止条約を推進する新しい政府、貧困と格差をなくし、ジェンダー平等の政治をつくるため力を合わせましょう。

-せきど勇

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新年も元気で街頭から呼びかけ

関戸勇です。市政でも、国政でも勝負の年を迎えました。命と暮らし一番、安心して住み続けられる町をつくるため全力で取りくむ決意を街頭から伝えていきます。

戸頭駅前の側壁改修はじまる

関戸勇です。戸頭の共産党後援会の皆さんが地域の危険個所の調査を行い取手市に改修を求め、私も6月議会で取り上げた戸頭駅に通じる歩道側壁の改修工事がはじまりました。その他にも、地域の方から要望された歩道の …

河川敷に生息するイノシシの餌

関戸勇です。戸頭(取手市)地先の利根川河川林で増えているイノシシが土手の斜面を掘り起こし、自然に生えている菜っ葉の球根を食べています。写真は菜っ葉と球根、掘り起こした跡です。

春の日差しのもと街頭宣伝

関戸です。第4派のコロナ感染が心配されます。ワクチン接種と合わせPCR検査を大規模に行うことが急がれます。こんな時、厚労省職員の大宴会に多くの市民から厳しい憤りの声が寄せられます。満開の桜をバックに、 …

利根川を泳ぐイノシシ

関戸勇です。台風19号で増水した利根川を泳ぎ土手に上がってきたイノシシです。戸頭写真クラブの会員が撮影。(2019年10月13日の午後2時頃)