せきど勇

憲法9条が生きる百里初午祭

投稿日:

関戸勇です。自衛隊百里基地の真ん中にある平和公園で第67回百里初午祭が開かれました。憲法を守れ、戦争する国にするな、コロナに留意しつつ2百人を超える参加となりました。37年前、初めて参加し、戦闘基地の補助滑走路が平和公園にぶつかり、くの字にまがっていることに驚きました。憲法9条の意味がここに来るとよくわかります。核兵器禁止条約を推進する新しい政府、貧困と格差をなくし、ジェンダー平等の政治をつくるため力を合わせましょう。

-せきど勇

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

命と暮らし・市内の商工業を守れ・今日も街頭から呼びかけ

国の対策とは別に、多くの市や町が積立金などを取り崩し、1億円程度の自治体独自のコロナ対策を打ち出していますが、取手市独自の対策は、わずか388万円です。11億を越える積立金の一部を取り崩し、市民の命と …

とがしらの夏まつり

関戸です。戸頭地域の夏の催し「とがしら夏まつり」が猛暑の中、8月17日に開催され、1万2千人が集いました。今年で44回目、土曜日は全て天候に恵まれています。写真は戸頭カメラクラブの方から提供されました …

ホタルの里のウシガエル

関戸です。早朝、ホタルの里の自然観察で久しぶりに大きな(30cmほど)ウシガエルに会いました。早朝から小川で獲物を待っています。ウシガエルは敏感で小さな音にも反応し姿を隠します。この大きさになると小さ …

関戸です

学校の受水槽に蛇口がつきました。大地震などで長期間断水した場合などにきれいな水が使えるよう市民の要望を受け提案してきました。

関戸勇・事務所開き

12月15日に関戸勇事務所開きが行われ、地域から多くの方が来られて事務所はいっぱいで入りきれないほどになりました。参加者の皆さんから様々な要望も出されました。