せきど勇

初夏の日差しの中、街頭宣伝

投稿日:

5月3日は75回目の憲法記念日。菅内閣は憲法9条の改憲の地ならしで、国民投票法の改定案を連休明けにも採決しようとしています。コロナ禍の混乱を利用し、採決を強行することは許されません。コロナ問題と合わせ街頭からよびかけました。多くの方から声がかかりました。家から出てきて聞いてくれた方もいました。

-せきど勇

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

甘い香りの葛花

葛はツル性の多年草で、生命力が強く砂漠の緑化でも最初に植えられる植物の一つです。秋の七草の一つでもある葛は秋に甘い香りのピンク色の花をつけ、猛暑のなかでも秋の到来を教えてくれます。「ホタルの里」の自然 …

憲法9条が生きる百里初午祭

関戸勇です。自衛隊百里基地の真ん中にある平和公園で第67回百里初午祭が開かれました。憲法を守れ、戦争する国にするな、コロナに留意しつつ2百人を超える参加となりました。37年前、初めて参加し、戦闘基地の …

関戸です

学校の受水槽に蛇口がつきました。大地震などで長期間断水した場合などにきれいな水が使えるよう市民の要望を受け提案してきました。

水辺に育つ真菰(マコモ)

関戸勇です。なにげなく見ている方も多いと思いますが、初夏に芽吹いた真菰は夏に濃い緑色の葉を2m以上に成長させます。この真菰で編んだゴザを「盆ゴザ」と言いお盆に欠かせないものです。市内の水田を流れる小川 …

院内感染の防止に細心の注意

関戸勇です。地域の中核病院の関係者の方にお聞きしました。コロナ感染防止のための自粛で外来の患者さんが大きく減少しているとのこと。病院は院内感染を防ぐため万全の対策を取っていますので安心して診察に来て下 …