せきど勇

初夏の日差しの中、街頭宣伝

投稿日:

5月3日は75回目の憲法記念日。菅内閣は憲法9条の改憲の地ならしで、国民投票法の改定案を連休明けにも採決しようとしています。コロナ禍の混乱を利用し、採決を強行することは許されません。コロナ問題と合わせ街頭からよびかけました。多くの方から声がかかりました。家から出てきて聞いてくれた方もいました。

-せきど勇

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新年も元気で街頭から呼びかけ

関戸勇です。市政でも、国政でも勝負の年を迎えました。命と暮らし一番、安心して住み続けられる町をつくるため全力で取りくむ決意を街頭から伝えていきます。

越流堤と利根川長浜土手

写真は取手市戸頭から3キロ上流にある越流堤で、ここから水位を増した利根川の水が稲戸井調節池に入ります。下の写真は戸頭の長浜土手で右側が調節池です。大洪水です。

新緑の宮ノ前ふれあい公園

この公園はゴミの焼却灰埋め立て処分場予定地でしたが市民と団地自治会が中止を求め運動する中、自然を生かした公園となりました。河川敷に隣接、植生も豊富で野ウサギも見られます。クヌギも多く夏は子どもたちがカ …

商店の大切な役割を広げましょう

関戸勇です。4月に続き、6月後半に新型コロナ感染症による影響を把握するため商店を訪問しています。洋品店のご主人は「商店が次々閉まり、町が寂しくなる。私たちは商売をしながら店の前を通る方と会話もし、子ど …

五輪中止・コロナ対策に集中を

関戸勇です・コロナ感染の緊急事態対象地域が広がる中、医療体制の非常事態が続いています。それでも菅首相も五輪組織委員会もオリンピック開催を強引に進めようとしています。いま国がやるべきは、コロナ対策に全力 …