せきど勇

市民と野党の共闘で政権交代を

投稿日:

関戸勇です。自民・公明は野党が求めた臨時国会開催要求を無視、自民党は総裁選挙に突入しました。安倍・菅政治を誰が引き継つぐかの争いでは政治は変りません。幅広い市民と野党の共闘で信頼できる政治、貧困と格差をなくし、命を守る政治の実現を街頭から呼びかけています。私は働く仲間への不当解雇や賃金差別に反対し労働組合の役員として活動していた時「関戸は共産党、近づくな」と攻撃され、日本共産党に関心を持ち調べ、命がけで戦争に反対し、男女平等、自由で民主的な政治の実現を掲げた政党であることを知り入党した経緯などを話し共産党への支持を呼びかけています。

-せきど勇

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コロナ対策で・街頭から呼びかけ

新型コロナ感染症から命を守るための自粛は補償と一体でなければ商店や中小企業は救済できません。国は急ぎ第2次補正をすべきです。また取手市独自の支援策、388万4千円は少なすぎます。取手市議会は市民の願い …

関戸です

学校の受水槽に蛇口がつきました。大地震などで長期間断水した場合などにきれいな水が使えるよう市民の要望を受け提案してきました。

安倍政治ノー・スタンディング

関戸です。取手総がかり実行委員会のスタンディングが戸頭マスダ前で行われました。桜疑惑・カジノ汚職と安倍政権の腐敗が進行しています。市民と野党の共闘で安倍政治を終わらせ野党連立政権を誕生させましょう。

ホタルの淡い光に感激

関戸勇です。取手市戸頭にある「宮ノ前ふれあい公園」にはホタル観賞に多くの市民が訪れています。3密に留意しながら、大人も子どもも淡い光を放ちながら飛ぶヘイケボタルに感激。手のひらや、洋服にとまって光るホ …

河川敷に生息するイノシシの餌

関戸勇です。戸頭(取手市)地先の利根川河川林で増えているイノシシが土手の斜面を掘り起こし、自然に生えている菜っ葉の球根を食べています。写真は菜っ葉と球根、掘り起こした跡です。